上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
今日はドラフトの話題ではなく野球界に大きなニュースがあったのでそちらの話でも



侍ジャパン28名の選手が決定しましたね


落選したのが


松中信彦(ソフトバンク)
栗原健太(広島)
細川亨(埼玉西武)
和田毅(ソフトバンク)
岸孝之(埼玉西武)


この五名でした


招集時はメンバー確定と言われていた松中や細川は怪我の回復が思わしくなかったようで


栗原も怪我明けですもんね


岸は公式球に最後まで馴染めなかったのが落選の理由だそうです


そして意外だったのが和田の落選ですが…


こちらも色々な憶測が飛び交っておりまして


最初から杉内との二者択一だったとか


国際経験豊富で相手チームに研究されつくされているとか

中継ぎ左腕が皆好調ではじき出されたとか


真相はわかりませんがサッカーと同じで代表選考は必ず賛否両論でるものなんですよね



今回も候補選出の時から不満の声の方が大きかったように思われますし、個人的にも一ファンとして??って思いたくなる名前もあったりなかったりで…


しかし決まった以上はこのメンバーを日本の誇りとして一生懸命応援したいと思います


頑張れ侍ジャパン!!
|02/22| 未分類コメント(0)TB(0)
2008年ドラフト組


特に上位指名選手のキャンプでの動向がチラホラと聞こえてきています



それがいい話であれば嬉しいのですが…


ソフトバンク 巽真悟
紅白戦で三回被安打9失点7


楽天 藤原紘通
左肩故障で開幕絶望


横浜 松本啓二郎
足首に死球で途中交代 次戦欠場


阪神 簫一傑
WBC合宿での練習試合で打球を右腕に受け二週間の静養




主な一位選手の動向ですが…



私がとにかく気になったのが巽は別として負傷した藤原 松本 簫の三人が阪神が指名した一位選手ということがなんだかね…


しかも三人とも同じ日にって…


まあとにかく皆さん1日も早いご回復をお祈りしております



それとは対照的に日ハムの新人投手達が元気ですね!



二位 榊原諒(関西国際大)

三位矢貫俊之(三菱ふそう川崎)

七位谷元圭介(バイタルネット)


三投手とも練習試合などで好投してます


榊原投手はオリックスの一位が囁かれてましたが日ハムの二位まで残りましたね
私は2008ドラフトで一番の会心の指名がこの人の二位指名だったと思います


社会人から大学に進学と異色の経歴で決して野球強豪校とはいえないチームで大学屈指の好投手にまで登り詰めた苦労人



一躍守護神候補に躍り出ましたね


谷元投手もプロのスカウトから敬遠されがちな低身長の右投手ですが(公称166センチ)そんなジンクスを打ち破るような活躍を見せて欲しいです!

先輩に同じようなタイプの武田久投手もいますから是非追いつけ追い越せで頑張ってもらたいですね



ルーキーにとって今の時期は一般社会でいう所の研修期間みたいな時期なんでしょうか?


これから社会?に出て辛い事やキツい事いろんな経験をしてさまざまな壁にぶつかる事でしょう



私の社会人ルーキー時代は遠い昔ですが今でも壁にぶつかりまくりですがね…(笑)


国民に夢や希望を与える素晴らしい職業のプロ野球選手


今年もファンを楽しませてくれるプレーや新戦力に期待しています
|02/21| 未分類コメント(0)TB(0)
毎年出てくるドラフトの目玉選手


その選手達が全国規模の大会でお披露目されれば知名度が更に上がります


しかし私はドラフトの目玉から半歩下がった後続二番手的な選手に非常に魅力を感じるんですよね


高校生で甲子園未出場でのドラフト一位なんてヨダレたれちゃいそうです(笑)


例えば中日2000年ドラフト一位の中里篤史(春日部共栄)


この年は
山田秋親(立命館大)
山村路直(九州共立大)
阿部慎之助(中央大)


これらの大卒組の目玉選手を各球団が争奪戦を繰り広げていたのですが


山田争奪戦に敗れた中日がシフトチェンジしたのがこの中里投手でした


夏の埼玉県大会で五回ゴールド15奪三振の完全試合を達成し、決勝であの浦和学院の坂本弥太郎と投げ合い延長で力尽きた中里篤史


全国の檜舞台に立てなかった関東最強右腕


なんか神秘的でした

もうこのフレーズ見ただけで眉唾物です(笑)


こういうの大好きなんですよね~


まあただのミーハーって噂もありますが…(汗)

プロ入り後も巨人戦での衝撃的デビューを果たしこれからが期待されたのですが今の所怪我で実力を発揮出来てないのが残念です


しかし落合監督をはじめ首脳陣、中日ファンからの期待はかなり高いので私を含めた【中里信者】の期待にぜひ答えて欲しいです!


個人的には万全ならば藤川球児になれるんじゃないかなくらい期待してます


他にもこんな神秘的な選手まだいますがまた後日に書いていきたいと思ってます
私はドラフトファンの前に阪神ファンなんですよね


なのでやっぱり阪神のドラフトの情報なんかには特に敏感に反応しちゃうんですが…


今年の現段階で阪神のリストに挙がってると言われている上位候補の選手なんですが


投手

菊地雄星(花巻東)
藤原正典(立命館大)
武内久士(法政大)


野手

藤川俊介(近畿大)
清田育宏(NTT東日本)


上位候補としてはこれらの選手の名前が挙がってますね


補強ポイントは左投手と右打ちの外野手


これは明白なんですが、2008年ドラフトでもこの補強ポイントは絶対的な弱点でありぜひここを埋めてくれる選手を獲得して欲しいと願っていたのですが



上位候補の選手の迷走が目立ち、当日になるまで一位が解らない球団も多かったおかげで近年稀にみる2008ハチャメチャドラフト


当日の朝のスポーツ新聞各紙では『阪神一位長野』の活字が踊っており、待望の右の外野手獲得に胸踊らせたのも束の間…


一位松本啓二朗(早稲田大)


えっと…

左の外野手ですか…


長野には直前に拒否されたのでしょうか??


ここでまず巽指名確実と言われてた横浜と競合


相変わらずのくじ運の悪さで外れ


外れ一位入札で
藤原紘通(NTT西日本)


事前に候補に上がってた即戦力サウスポー


ウムウム個人敵にはこの選手が一位でもいいと思ってたので外れ一位で残っててくれてホッとしてたら、これがまた楽天と競合…


またまた外れ…(泣)


さぁ外れ外れ一位ですが

モニターに映った名前は


蕭一傑(奈良産業大)


右投手ですか……


まぁ蕭はロッテや日ハムも一位候補に挙げていた大学球界屈指の好投手なんで外れ外れまで残ってた事は良しとしなければなんですがね…


しかし


次の二順目で
柴田講平(国際武道大)
左の外野手


三順目
上本博紀(早稲田大)
飽和状態の二塁手


四順目
西村 憲(九州産業大)
右の投手


あの…補強ポイント…


ネットで生中継見てたのですがひたすら落胆してしまいました


まぁプロのスカウトの方やフロントも補強ポイントは解ってるはずで、それでもこの指名という事はきっと皆素晴らしい選手なんでしょうがね


特に上本選手が阪神に来るとは思いませんでした

高校時代に甲子園で魅せたあの輝きをまた見せてくれるでしょうか


中日の浅尾選手みたいに可愛いタイプのイケメン選手なんで、活躍したらきっと女性人気も出るでしょうね


鳥谷との早稲田二遊間楽しみです!

蕭選手もWBCの台湾代表候補にも選ばれたりと、散々文句たれましたが(汗)ファンとして応援したいと思います



最後に少し愚痴を言わせてもらうなら


八木亮祐(享栄高)や坪井俊樹(筑波大)などの左投手欲しかったな…

しつこくてすいません(笑)
愛媛で行われている立命館大学のキャンプに阪神 広島 オリックスのスカウトが視察に訪れたみたいですね


目当ては今年のドラフトの目玉と言われている藤原正典投手です


現時点でドラフトで競合必至と言われている即戦力候補の左腕です


投球練習を視察した各球団のスカウトも高評価を口にしていましたのでドラフトオタとしてはこれからが楽しみな存在ですね


しかし毎年この時期を前後して【ドラフトの目玉】と言われる選手は必ず出てくるもので…


大学生なら四年生のラストシーズン


高校生は春の選抜や夏の甲子園


ここで綺羅星の如くスターが現れたりそれまでのドラフトの目玉と言われた選手の評価が急下落したりと、ドラフト戦線が一気に騒がしくなったりするものなんですよ


2008ドラフトだけを見てもそのような動きは見て取れる指名もありました


2007年広島が岩本貴裕(亜細亜大)と上本博紀(早稲田大)の広島出身の大学スター選手を両獲りし、新球場の目玉にしたいと色気を見せていたのですが


『岩本は他球団と競合だろうし上本は巨人とガチガチだから無理無理』

なんて声があちこちから聞こえて来たのですが…


岩本は四年時の成績の不振もあったのか結局広島の単独一位指名


上本に至っては阪神の三位まで残ってました

西武の中崎雄太(日南学園)も一年前は一位指名という評価にはなかったと思われますし、何より誰が巽真悟(近畿大)が外れ一位まで残っていると想像したでしょうか(笑)


あの投手陣壊滅の横浜がスルーした時点でまさか!?という感じだったのですが…


今の藤原よりも騒がれていたであろう巽が外れ一位まで残っていた2008ドラフト


志望届けを出してさえいれば間違いなく争奪戦になったであろう東浜巨(沖縄尚学)の早々の大学進学表明や、進学すると思われていた大田泰示(東海大相模)が急転プロ入りを表明したり、そして田沢純一(日本石油)のNPBを飛び越えてのメジャー行き

一位候補選手の挙動が例年以上に大きく揺れたそんな年だったと思います


2008年ドラフトも色々ありましたが


果たして今年はどんなドラマが待っているのでしょうか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。