上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
プロ野球選手を多数輩出する神奈川の名門桐蔭学園に捕手として入学



二年の終わりに投手に転向し三年の夏にエースとして甲子園出場


法政大学進学後再び捕手に転向し大学球界No1の捕手として君臨し、阪神に自由枠で入団


プロでは打撃を買われて外野手や一塁手として試合に出る事も多く、昨年正式に外野手登録されるもなぜか今キャンプで捕手の練習に参加したりブルペンに入ったり



浅井良



この経歴


なんて素晴らしく器用な選手なんでしょう(笑)

阪神ファンの贔屓目がそう見せるのでしょうか?
いえいえ

ある意味天才です



高校の同級生で三年間クラスメートだった平野恵一選手も内野外野をこなす器用な選手ですね



私はそんな浅井選手を親しみを込めて

『ミスター器用マン』


とまったくもってセンスのないネーミングで呼びたいと思います


ミスターダイビングキャッチとミスタ器用マンの同級生コンビ


今年三十路を迎える二人ですが2009阪神の快進撃を是非とも支えて頂きたく思っております
|02/27| 未分類コメント(0)TB(0)
後藤正治さんの書かれた『スカウト』という本があります


あの名スカウト木庭教さんの事を書いた本で、スカウト活動の裏話なんかが書いてありとても面白いです


まあ私が書くまでもなくこの本はあまりにも有名すぎて、野球本の中では殿堂入りといっても過言ではないくらい素晴らしい一冊です


もしまだ読んだ事がないというドラフトファンの方がいらっしゃいましたら是非一読を


きっと一気読みしてしまう程ハマってしまう事確実です



それともう一冊


『さらばプロ野球さらば桑田真澄』


この本読んだ時は本当にもうぶっ飛ぶ程衝撃的でした…


元スポーツメーカー社員の桑田選手の暴露本


どこまでが真実なのか?それとも全部真実なのか?


それはあの二人にしか永遠に解らないのでしょうね…


清原桑田両選手ともが引退し、最近メディアで二人がそれぞれ【あの】ドラフトの事を話すのをよく見たりするのですが、【あの時】を鮮明に話す清原和博に対し絶対に核心部に触れない桑田真澄


桑田真澄の真実とは永遠にタブーであり闇の中なのでしょうか?


この二冊また私も読み直したいと思います
|02/26| 未分類コメント(0)TB(0)
突然ですが広島のドラフトが大好きです


他球団が目玉候補の争奪戦狂想曲を繰り広げる中、シレ~っと目玉同等クラスの実力派を頂戴しますみたいな


合コンでルックスが抜群の女性に群れる男達を尻目に、皆が第二候補に挙げてるっぽい女の子といつの間にかガチになってる奴みたいなものです


マーくんだ堂上だイヤイヤ増渕でしょと皆が騒いで競合してる間に前田健太をシレ~っと単独指名する広島


野間口一場で大騒ぎドラフトでダルビッシュでも涌井でもなく佐藤剛士をシレ~っと単独指名する広島


福留一色のドラフトでシレ~っと長谷川昌幸を単独指名する広島


野茂に史上最多の競合してる間にシレ~っと佐々岡真司を単独指名する広島


清原桑田伊東昭光に話題集中してる間に長富浩志をシレ~っと単独指名する広島


こういう広島の広島らしいドラフトが大好きなんです


しかし過去には伊藤智仁や小池秀郎、川島堅や河内貴哉なんかに玉砕覚悟で特効したりもしてるんですよね


私からするとこれは広島スカウトの気の迷いだと信じてます(笑)


こんな愛すべき広島ドラフトが一昨年に2008は岩本上本両獲りを示唆した時はまじで暴挙か革命かと思いました(笑)



2009年も広島シレ~とドラフト期待します!
大阪でWBCの強化試合オーストラリア戦がありましたね

気なりつつも試合は途中チラッとしか見れませんでしたが、勝ったようなのでホッとしてます。


まあ今回来日してるオーストラリア代表はアマ選手がいたり代表から漏れた選手もいたりと、明らかに格下なんで勝って当然なんでしょうけどね~



そこで今日はこの日本代表選手のドラフト時の噂話なんかを書いてみようかなと思います(あくまでも噂話ですが笑)


ダルビッシュ有(日本ハム)

競合必至と言われながらまさかの日ハム単独指名、事前に楽天の指名打診を断り他球団は素行不良や性格難を嫌い回避とかなんとか…


岩田稔(阪神)


病気の為に連投が出来ずに先発限定の器用しか出来ない事を理由にある球団は最下位指名ならとってもいいと言ったとか

それに対して枠を使った阪神って…
スカウトの眼力は凄かったと信じます(笑)


岩隈久志(楽天)

堀越学園で安達祐実と同級生(笑)


藤川球児(阪神)

そしてこの人は中学時代に広末涼子の同級生(笑)

この年上原に振られ二岡にも振られ岩瀬には相手にもされず、そして甲子園の怪物松坂大輔からも逃げた阪神が広島が外れ一位or二位候補に挙げていた藤川を一位指名

野村監督がブルペンで藤川の投球を見て
『これがドラフト一位の選手か…』
とぼやいていたのは今は遠い昔です


村田修一(横浜)

巨人が指名打診するも
『僕は巨人が嫌いです』といい放った漢


稲葉篤紀(日本ハム)

野村監督がカツノリの試合を観に神宮に行き相手の法政の稲葉を気に入り指名したと

ノムさん曰く
『ワシがおらんかったら稲葉はプロに入れんかった』
とおっしゃってますが実は近鉄の外れ一位候補だったり他球団も高評価


福留孝介(カブス)

高校時代巨人と中日以外は拒否と言っていたがサブローのいるロッテには指名されたら入るつもりだった


イチロー(マリナーズ)

投手としてしか評価してなかった中日のスカウトの首を飛ばした

ちなみにチチローさんは日ハムの二位指名だろうと踏んでたらしい


内川聖一(横浜)

広島の一位指名打診に広島だけは絶対嫌だと法政進学を隠れ蓑に使った



どうでしょうこの噂話か都市伝説か見分けのつかない話のオンパレード(笑)


ドラフトファンとしては過去のこんな噂話は酒の肴みたいなものでしょうか(笑)
ボクシングの元世界チャンピオンの畑山隆則選手をご存知でしょうか?


現役の頃なんかはガチンコなどテレビによく出てた人気ボクサーでした


この人中学時代はエースで四番青森では有名な選手で(三年の頃のMAXは138だそうです)、高校はあの名門青森山田に野球推薦で入学も先輩と衝突しわずか一ヶ月で退部したそうです…


その畑山選手が以前言われていたのが

『甲子園でベスト8に入るような高校のレギュラー選手がボクシングやれば日本チャンピオンくらいにはなれる』


この言葉なんか興味深いな~って思いました


例えばドラフト一位選手が本気でボクシングやったら世界チャンピオンになれるのかな~とか


今年騒がれた例えば大田泰示がボクシングやって日本人初の三回級制覇とか(笑)


そういえばソフトバンクの新垣渚投手も高校進学時に野球かボクシングか真剣に悩んでたそうですね

逆に世界屈指の強豪が集まり、最も選手層の厚いと言われるライト級で世界チャンピオンになり二回級制覇を成し遂げた畑山選手があのまま野球をやっていたら…


って完全なる妄想ですがね(笑)


まあ私みたいな凡人にはボクシングの世界チャンピオンもドラフト指名選手もとてつもなく偉大な存在であります
|02/23| 未分類コメント(0)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。