上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
毎年出てくるドラフトの目玉選手


その選手達が全国規模の大会でお披露目されれば知名度が更に上がります


しかし私はドラフトの目玉から半歩下がった後続二番手的な選手に非常に魅力を感じるんですよね


高校生で甲子園未出場でのドラフト一位なんてヨダレたれちゃいそうです(笑)


例えば中日2000年ドラフト一位の中里篤史(春日部共栄)


この年は
山田秋親(立命館大)
山村路直(九州共立大)
阿部慎之助(中央大)


これらの大卒組の目玉選手を各球団が争奪戦を繰り広げていたのですが


山田争奪戦に敗れた中日がシフトチェンジしたのがこの中里投手でした


夏の埼玉県大会で五回ゴールド15奪三振の完全試合を達成し、決勝であの浦和学院の坂本弥太郎と投げ合い延長で力尽きた中里篤史


全国の檜舞台に立てなかった関東最強右腕


なんか神秘的でした

もうこのフレーズ見ただけで眉唾物です(笑)


こういうの大好きなんですよね~


まあただのミーハーって噂もありますが…(汗)

プロ入り後も巨人戦での衝撃的デビューを果たしこれからが期待されたのですが今の所怪我で実力を発揮出来てないのが残念です


しかし落合監督をはじめ首脳陣、中日ファンからの期待はかなり高いので私を含めた【中里信者】の期待にぜひ答えて欲しいです!


個人的には万全ならば藤川球児になれるんじゃないかなくらい期待してます


他にもこんな神秘的な選手まだいますがまた後日に書いていきたいと思ってます
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。