上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
報徳学園のエースとして春の選抜の優勝投手になり、ドラフト注目の的になるも早稲田大学に進学し一年春からベンチ入り、二年時に全日本に選ばれ同期の宮本賢(日本ハム)と左右のエースとして活躍後に社会人のトヨタ自動車へ


大谷智久


アマ球界の王道を歩んできた彼も大学時代に『それほどレベルが高いという感じはしなかった』という社会人野球では投げては打たれる日が続き、曰く

『落ちるところまで落ちた』

そう実感したとか…

どん底まで堕ちた彼はフォームの修正に取り組み2008年に一気にエース格にまで登りつめ、補強選手として出場した都市対抗では新日石の田澤純一(Rソックス)と素晴らしい投手戦を演じ万を辞してドラフトに挑むも…
まさかの指名漏れ



オリックスなどが上位指名の候補に挙げていたのであれれ?という人もいたと思います


かつて春の選抜で松坂大輔と決勝で投げ合い社会人に進むもそこで伸び悩み、社会人5年目に阪神などが指名すると言われていたものの指名漏れした事を奮発材料とし、翌年数球団が自由枠での獲得へ争奪戦に発展する程の選手になった久保康友(ロッテ)となんとなく経歴が被ります



杉浦正則(日本生命)のようにオリンピックに人生を賭け、プロ入りを頑なに拒み続け『ミスター社会人』と言われた選手も素晴らしいと思いますが、遅れてきたエリート大谷智久のプロ野球での活躍をぜひ見たいものです。
スポンサーサイト
今日の日中は各地でオープン戦が行われ、夜は東京ドームで日本代表の強化試合といよいよ野球シーズンの訪れを響かせるような1日でした



そんな中でロッテの今秋ドラフトでの隠し玉選手の名前が挙がって来ました



三宅英幸投手(大東大)

何やら石垣島キャンプにサポートスタッフとして参加しており、玉拾いの際に外野からの返球を見た関係者が肩ヒジの使い方に惚れ込んだのだとか


しかし大東文化大学って野球では殆んど聞かない名前というか…(私が無知なだけでしょうが汗)


現役選手でも同校OBは中日の川井投手だけですね


どうしても駅伝のイメージが強くてこの選手の記事を見て『へぇ~』って思っちゃいました


この投手強烈なプロ志向らしく、巨人や日ハムも調査を進めているサウスポー


お手伝いさんからプロ注目のサクセスストーリー

首都大学リーグ春季リーグに楽しみな選手の登場でまたドラフトまでの楽しみが出来ました
一発目の記事なんで

何を書こうか考えてたんですが

今月の初旬にドラフトオタを刺激するニュースがありましたね

巨人が今年のドラフトで長野久義(ホンダ)を一位指名確約

どうなんでしょうか。。

いつもいい意味でも悪い意味でも?ドラフト戦線を騒がせてくれるジャイアンツが早々に一位を決めちゃいましたね

まあ日大やホンダとの関係なども考慮した末の事なんでしょうし、巨人の長野指名は充分想定内なんですがね

ただ今年に関してはもう横槍入る事もないでしょうし、一位じゃなくても?と思うのは私だけなんでしょうか?

いまや小学生が好きな球団にメジャーチームを挙げるこの時代

あれだけの巨人愛を持ち合わせた選手も珍しいもんです

彼の場合巨人愛を超越した執念かもしれませんね

そして先日


朝チラッと観た朝の情報番組で国生さゆりの熱愛がほうじられてまして

なにやら相手の青年実業家の方は14才の時にテレビで国生さゆりを観て一目惚れして以来それでも21年もの間ずっと国生さゆりの大ファンだったらしく

熱愛報道後の彼のブログに『想いは叶う』とかなんとか書いてたらしいんですよ


なぜか長野とダブりました(笑)

今KANの『愛は勝つ』とか聞いても長野の事思い出しそうです。。

二度のドラフト指名を蹴り周囲のバッシングにも耐えそれでも巨人にこだわり続けた九州男児


あの層のぶ厚い巨人の外野陣に自ら望んで飛び込む訳ですから自分の実力には自信があるのでしょうね

まさか巨人に入る事だけが目標なんて事はないでしょうし

なにはともあれ頑張ってほしいものです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。