上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
昨日少しだけ久保康友投手について触れていたんですが…


その久保投手がトレードで阪神に移籍する事になりました


交換相手は橋本健太郎投手です

元々阪神はオープン戦の時期にトレードがあるんじゃないかと言われていました


その時名前が挙がっていたのが西武の野田浩輔捕手でした


若手が予想外に伸び悩んでいる野口が抜けた第二捕手枠での獲得が噂されていたのですが…


結局若手育成優先という真弓監督の方針でトレードは封印していたみたいですが、先発転向の久保田の離脱で実は真弓監督が先発の【大物限定】でトレードを要望していた事もあり補強に向けた調査を再開となった模様です


どうやら日本ハムの八木智哉も候補に挙がっていたようですが、一昨年から調査を続けていた久保に照準を絞り交渉を続けていたんでしょう



ロッテも萩野に繋ぐ中継ぎ補強を課題に掲げていた事からこのトレードは案外すんなりまとまったみたいです



トレードに損得勘定を持ち込むのはいかがなものかと思いますが、きっとロッテよくやった!と思われるファンの方はいないと思いますね(汗)


トレードより久保投手を中継ぎ固定という方法もあったと思うのですが…案外久保が中継ぎ拒否した為にトレード要員にされたのかな?とか勝手に憶測したりしたんですがね~


橋本投手はルーキー時代の大活躍からここ数年は腰の故障などで満足な成績は残せていませんが、是非ともパリーグで再開花してもらいたいです


阪神ファンとしてはですね…甲子園で活躍した関西の選手で実績もある投手なので期待しちゃいますね!久保田が抜けて久保が来たよみたいな感じですが(笑)


それとここ二年の契約更改で罰ゲーム並の冷遇を受けてる江草じゃなくてよかったなと


あの仕打ちならありえなくもないのでマジで怖いんですがね(笑)


とにかく昨年の金村暁と中村泰広の二の舞にだけはならないで欲しいものです


あのトレードは金村放出ありきの制裁トレードといわれてましたが、それでも阪神の大得トレードと言われました


まあなにわともあれ両フロントがとことん話し合い納得して決まったトレードだと思うので、新天地での両選手での活躍期待しています。
スポンサーサイト
|03/04| 未分類コメント(3)TB(1)
報徳学園のエースとして春の選抜の優勝投手になり、ドラフト注目の的になるも早稲田大学に進学し一年春からベンチ入り、二年時に全日本に選ばれ同期の宮本賢(日本ハム)と左右のエースとして活躍後に社会人のトヨタ自動車へ


大谷智久


アマ球界の王道を歩んできた彼も大学時代に『それほどレベルが高いという感じはしなかった』という社会人野球では投げては打たれる日が続き、曰く

『落ちるところまで落ちた』

そう実感したとか…

どん底まで堕ちた彼はフォームの修正に取り組み2008年に一気にエース格にまで登りつめ、補強選手として出場した都市対抗では新日石の田澤純一(Rソックス)と素晴らしい投手戦を演じ万を辞してドラフトに挑むも…
まさかの指名漏れ



オリックスなどが上位指名の候補に挙げていたのであれれ?という人もいたと思います


かつて春の選抜で松坂大輔と決勝で投げ合い社会人に進むもそこで伸び悩み、社会人5年目に阪神などが指名すると言われていたものの指名漏れした事を奮発材料とし、翌年数球団が自由枠での獲得へ争奪戦に発展する程の選手になった久保康友(ロッテ)となんとなく経歴が被ります



杉浦正則(日本生命)のようにオリンピックに人生を賭け、プロ入りを頑なに拒み続け『ミスター社会人』と言われた選手も素晴らしいと思いますが、遅れてきたエリート大谷智久のプロ野球での活躍をぜひ見たいものです。
3月に入りWBCや春の選抜なんかも近づいてきて、いよいよ野球シーズンに突入しましたね



私は甲子園には比較的に近い場所に住んでいるので、休みの日にでも甲子園に選抜観戦に行きたいな~なんて考えているんですが…


いかんせん強烈な花粉症持ちなもんでこの時期に、しかも天気のいい昼間に長時間花粉に汚染されると考えただけで悶え狂いそうになります。。


野球選手でも花粉症の選手はこの時期本当に大変らしいです


先日オープン戦で好投して先発ローテ入りを大きくアピールした阪神の玉置隆投手も重度の花粉症らしく、登板前に集中力を切らしたくないからと薬も服用せず練習していた所、鼻血が止まらなくなり大変だったらしいです


原監督も真弓監督も花粉症で大変だと言われていました


これから夢の大舞台に挑む高校球児や昼間に屋外でのオープン戦も多いプロの選手は、大変だと思いますが花粉に負けずに頑張って欲しいものです
|03/02| 未分類コメント(0)TB(0)
2003年ドラフト

最大の目玉だった鳥谷敬(早稲田大学)
六大学の三冠王で大学NO1遊撃手


プロでも人材難と言われる遊撃手の大物に最大8球団が絡む大争奪戦が繰り広げられました


東京出身の早稲田のスター選手、ルックスもいいとまあ経歴見ただけでもなんと華やかな事で


しかしこういう選手ってなんとなく巨人やヤクルトって相場が決まってるイメージなんですよね~


そこに横浜なんかも加わるいわゆる【在京志望】って奴です


ところがところがこの鳥谷敬が選んだ球団、熱心だった巨人でも神宮のヤクルトでも、高校時代を過ごした埼玉の西武でもなく、そしてなぜか?ドラフト候補に大人気の横浜でもなく、全く縁もゆかりもそして東京生まれの都会っ子のこの人のイメージから最も遠かった阪神タイガースでした


志望理由に早稲田の先輩の岡田監督の存在や天然芝の甲子園を挙げていましたが、この阪神入団には意外性がありとても驚きました



大阪在住の阪神ファンの私は東京からやってくるこのスター選手をどこか【お客様】のようなイメージで迎えました


実際に報道で
『俺は関西に野球をやりに行く』と言う言葉を聞いた時には阪神というチームに好印象を抱いて入団したのではなく、野球をやる環境【仕事】と割り切った阪神入団なんだろうなと強く感じました


喜怒哀楽を全くと言っていい程見せないプレースタイルや、関西弁は喋らないと言ったり、そのせいか入団以来鳥谷選手からあまりチーム愛を感じた事はなかったんですよ


東京人が仕事として関西に来て、個人事業主として自分の生活の為に野球をやっている


ビジネスライクに徹した選手なんだろうなってイメージだったんです


そんな選手が以前甲子園でサヨナラホームランを打った後に仲間の手荒い祝福を満面の笑みで受けた後、お立ち台で



『打った時の記憶がない。なんかよくわからへん』

と目を充血させ無意識な関西弁を発した時、嬉しかったな~


始めて鳥谷敬という選手からチーム愛を感じました


ファンの勝手なイメージなだけで本当はとても阪神を愛してるのかもしれませんしね



FA取得でメジャーが既定路線とか言われていますが、こういう選手に生涯タテジマ宣言されてこそ魅力ある球団と言えると思います



今や球界一の人気球団と言っても過言ではない阪神ですが、ドラフトでは有望選手獲得に在京球団などには名前を挙げればキリがない程競り負けて来ました


ある意味ファンやチームに大きな勇気を与えてくれた鳥谷選手


次期選手会長も決定的なようなのでこれからも関西での生活を満喫してください(笑)
今日の日中は各地でオープン戦が行われ、夜は東京ドームで日本代表の強化試合といよいよ野球シーズンの訪れを響かせるような1日でした



そんな中でロッテの今秋ドラフトでの隠し玉選手の名前が挙がって来ました



三宅英幸投手(大東大)

何やら石垣島キャンプにサポートスタッフとして参加しており、玉拾いの際に外野からの返球を見た関係者が肩ヒジの使い方に惚れ込んだのだとか


しかし大東文化大学って野球では殆んど聞かない名前というか…(私が無知なだけでしょうが汗)


現役選手でも同校OBは中日の川井投手だけですね


どうしても駅伝のイメージが強くてこの選手の記事を見て『へぇ~』って思っちゃいました


この投手強烈なプロ志向らしく、巨人や日ハムも調査を進めているサウスポー


お手伝いさんからプロ注目のサクセスストーリー

首都大学リーグ春季リーグに楽しみな選手の登場でまたドラフトまでの楽しみが出来ました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。